未分類

【多肉と英語】多肉植物は英語で「サキュレント(succulent)」 品種名や用語など多肉にまつわる英語まとめ

2018-08-01

多肉植物は英語で「succulent」と書いて「サキュレント」と読みます。

よく似た英語としては「cactus(カクタス)」、これはサボテンのことです。サボテン業者さんの名前によく見かけますよね。

その他に英語の文章でいっしょに目にすることがある「Crassulaceae(クラッス・・・?)」は多くの多肉植物が含まれる「ベンケイソウ科」のことですが、これはラテン語の学名なので読み方はいくつかあるようです。

ちなみによく似た「Crassula」はあの「クラッスラ属」のことで、「ベンケイソウ科(Crassulaceae)」の標準属(代表する属)だから「科名」と「属名」がそっくりなんですね。

多肉植物の種類別の英語名

実は多肉植物の名前というのは植物分類学上の学名であることがほとんどで、実際には英語ではなく「ラテン語」になります。

ただしラテン語と言っても、現在地球上でラテン語を普段から話す人はおらず、学名などの「モノの名前」として世界共通で使われています。

ですから、英語圏でもその他の国でも多肉植物を育てている人の間ではこのラテン語表記でほぼ通じるはずです。

 

エケベリア → 「Echeveria」

セダム → 「Sedum

クラッスラ → 「Crassula

センペルビウム → 「Sempervivum

ジョビバルバ → 「Jovibarba

カランコエ → 「Kalanchoe

コチレドン → 「Cotyledon

チレコドン → 「Tylecodon

アドロミスクス → 「Adromischus

オロスタキス → 「Orostachys

アエオニウム → 「Aeonium

モナンテス → 「Monanthes

ロスラリア → 「Rosularia

ダドレア → 「Dudleya

グラプトペタルム → 「Graptopetalum

パキフィツム → 「Pachyphytum

アガベ → 「Agave

リトープス → 「Lithops」

メセン → 「Messembryanthemum」(メセンブリアンテマム)

アデニウム → 「Adenium」

パキポディウム → 「Pachypodium」

ハオルチア → 「Haworthia

ガガイモ → 「Metaplexis」

ガステリア → 「Gasteria」

コノフィツム → 「Conophytum」

シノクラッスラ → 「Sinocrassula」

セネキオ → 「Senecio

フォーカリア → 「Faucaria」

ユーフォルビア → 「Euphorbia

アロエ → 「Aloe」

(コーデックス → 「caudex」)

 

和名の人気品種の英語名(学名)

エケベリア

月影 = エレガンス(elegans)

静夜 = デレンベルギー(derenbergii)

グラプトペタルム

朧月 = パラグアイエンセ(paraguayense

 

多肉植物にまつわる英語の用語

斑(ふ)   →「variegata」バリエガータ (英「variegated」)

綴化(てっか) →「cristata」クリスタータ (英「cristated」)

石化(せっか) →「monstrosa」モンストローサ (英「monstrosed」)

 

「petal」・・・花びら・花弁

「corolla」・・・花冠

Stem」・・・茎

「stamens」・・・雄しべ

「pistil」・・・雌しべ

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply